マーケティング室

池田 ふみ

各担当部署のとりまとめ役として

「次世代のものづくり」を牽引

ニューロバスキュラーチーム

周りの協力は、熱意なしには始まらない。

  • 周りの協力は、熱意なしには始まらない。

入社1年目は、当社が扱うすべての製品の学会企画や販促ツールの制作、カスタマーサービス(製品トレーニング)などの業務に携わり、その後は、検査機器と眼科製品、そして2016年4月からは、脳神経外科領域における製品のプロダクトマーケティングを担当しています。

 

プロダクトマーケティングの業務は多岐にわたります。営業とともに医師からニーズをヒアリングし、市場動向や競合製品との差別化のポイントを共有し、開発部署と協力しながらものづくりに落としこみます。他にも、Webサイトやポスターの制作、パッケージデザインやリリース後のプロモーション、製品知識習得の為の社内外教育、在庫調整など、製品に関するあらゆる業務を担っているため、マーケティング部は“ものづくりの中心”にある部署といっても過言ではありません。社内外を問わず、多くの人の知恵と力を結集させ生み出された製品が、さらに多くの患者様を救うことにつながる──広い視野で仕事に取り組めるのがこの仕事の面白みだと思っています。

当社の発展に必要な、新しい風を期待します。

  • 当社の発展に必要な、新しい風を期待します。

人が成長するには、機会を逃さずチャレンジし続けるしかないと思います。それを感じたのは入社2年目に、自社を代表する製品『吸着型血液浄化器』の発売15周年を記念するムービー制作を任されたときです。当時、社内には制作の経験やノウハウがなく、担当となった私もわからないことだらけでした。吸着型血液浄化器の開発に携わったメンバーや、医師の方々に営業と連携して連絡をとり、当時のお話を伺い、企画を立て、情報や素材を集め、関連する法規などにも対応して、ようやく完成することができました。当時は大きなプレッシャーを感じていましたが、制作の過程でたくさんの方に出会い、協力していただいた経験は私のかけがえのない財産になっています。

 

行動し、経験することで得られるものは本当にたくさんあります。手を上げれば挑戦する機会を与えてくれる当社であればなおさらです。長く働いていると挑戦する気持ちを忘れてしまったり、変化することを躊躇してしまいがちですが、これから入社される皆さんには、ぜひ新しい風を入れてほしいと願っています。ぜひ一緒にチャレンジし成長していきましょう!!

  • 私と製品

    新製品としてリリースしたときから担当している検査機器には愛着があります。使用方法を浸透させるのに時間が掛かり苦労しましたが、多くの方の協力によって現在も活躍している代表製品の一つです。手がかかった分、思い入れも強いですよ。

  • オフタイムの過ごし方

    ここ10年ほどフラダンスのレッスンに通っています。できれば年2回、ハワイで過ごして海辺でフラダンスを踊りたいですね。基本的に身体を動かすことが好きなので、他にもジョギングやヨガ、自転車などをして仕事モードからうまく切り替えていますよ。